歴史

オーストリア北部Steyr近郊のOberlettenに「Josef und Franz Werndl & Comp., Waffenfabrik und Sägemühle」 を設立。

1925年総会の決議に従い、社名「Josef und Franz Werndl & Comp., Waffenfabrik und Sägemühle」を「STEYR-WERKE AG」に改名。

5月21日:「Puchwerke AG」の株主総会にて「ÖsterreichischeDaimler-Motoren AG」との合併を決定。

12月8日:ウィーン商業登録簿に新たに「Austro Daimler Puchwerke Aktiengesellschaft」を登録。

「STEYR-WERKE AG」の株主総会にて、「Austro Daimler Puchwerke Aktiengesellschaft」との合併を決定。ウィーン商業登録簿に新たに「Steyr-Daimler-Puch AG」を登録。

Frank Stronach(フランク・シュトロナフ)が「Multimatic」を設立。

「Multimatic」と「MAGNA Electronics」が合併。

"「Magna Electronics Corporation Limited」 を「Magna International Inc.」 に改名。 Magna社はカナダオンタリオ州トロントのワイルドキャット・ロードに初めて本社を設置する。"

「Steyr Motorentechnik GmbH」の設立。

「Engineering Center Steyr GmbH&Co. KG」の設立。

MAGNA International Inc.がSteyr-Daimler-Puch AGの株式の過半数を取得。1996~1998年にかけてMAGNA社は欧州に拠点を拡大し、欧州の自動車部品メーカーを数多く買収する。

MAGNA STEYRのパワートレイン事業からパワートレイン技術と全輪駆動システムの開発と生産に特化した、 MAGNA Drivetrain グループが独立。

Magna Drivetrain、Tesma、Engineering Center Steyr が合併してMagna Powertrainを設立。

Magnaはインテリア事業を売却し、自動車のトランスミッションの世界的な独立系サプライヤー、Getragを買収。