grey-black background simulation process

非線形次数低減モデルのアプローチ

MAMBAによる非線形次数低減モデルのアプローチは接触面の局所的な影響を考慮することができます。

接触面の局所的な非線形挙動は考慮しますが、構造体そのものは線形の弾性体として扱うため、一般的なモード合成法である Craig - Bampton法を使い、構造体全体の変形を解くことができます。

Craig - Bampton のモード合成法は、線形弾性体の場合に非常に良い結果が得られます。これは、静的状態を表すいわゆる拘束モードと動的状態を表すいわゆる境界拘束ノーマルモードを組み合わせて解くものです。

結合構造体では、発生する接触応力に起因する変位を正確に求めることも重要です。これは試行ベクトルを追加することで可能になります。これは、ジョイントインターフェースモードまたは接触モードと呼ばれ、接触応力によって発生する局所変位を再現するためのものです。構造体が現実的な変形を再現するためには、計算された接触応力も重要になります。