grey background

サイドレールアタッチメントパーツ

トラックのフレームに固定されたアタッチメントパーツは、路面やパワートレインからの入力によって振動します。アタッチメントパーツ自身の質量によって、この振動がフレームとの結合点であるフランジのボルト締結付近に高い負荷をあたえます。より信頼性の高い耐久解析をおこなうには、非線形接触による非線形挙動を考慮した動的シミュレーションモデルが必要になります。

サイドレールアタッチメントパーツのシミュレーションでは、MAMBAを用いてサイドレールとブラケット間の接触を正しく考慮します。周波数応答解析から、接触を考慮したことで結合部の剛性がアップし、固有値がシフトすることが確認できます。一方、通常の線形モデルでは、ボルトからのみの伝達負荷になるため、非現実的な高いダメージ結果になってしまいます。MAMBAで接触を考慮した場合は、面接触による効果で負荷が分散され、ダメージが減少し、より現実的な結果を導きます。

特徴

  • より現実的なアタッチメントパーツの振動応答シミュレーションを実施可
  • ボルト締結の構造体において現実的なダメージ評価の実現